時が経てばより美しくなる?ココマイスターの長財布

使いこむほどに味が出てくる革製品のお財布ですが、高級ブランドも良いのですが高品質の革素材を使用したココマイスターなんていかがでしょうか?
他の人とは被らない自分だけの高品質の長財布を持っていればワンランク上のお洒落を実現できます。
そんな使い込むほどに魅力が出てくるココマイスターの長財布についてご紹介します。

 

年数が経つほど楽しみな長財布とは?

 

人は何でも新品で綺麗なものに憧れますが、使っていくほどに味が出る皮素材はその反対の魅力を持っています。
ココマイスターはあえて傷を生かす方法で革のデザインを楽しむような商品がたくさん揃っています。
使っていくうちに自分の手に馴染み自分だけの財布に変化を遂げて行くので見ているだけで楽しいと思います。
手で触ることで革の質の良さ、肌触りの良さも実感できるのでレザー愛好家にとってはたまらないと思います。
傷もシワも味になる自分だけの財布を1つ持っているだけでとても魅力的だと思うのです。
使うほど手の脂が染み込みツヤも増すので革の長財布は時間とともに愛着も湧いてくると言われています。

 

経年変化が楽しめるココマイスターのレザー

 

ココマイスターの財布は革の個性をより生かす形で仕上げているので、使い込むほどに味わいが出るエイジングという魅力を楽しめます。
マルティーニクラブウォレットバケッタ製法と言われている昔ながらの製法技術を取り入れており、オイルが豊富に革に含まれているため、
感触はしっとりと手に馴染む質感がとても人気があるのです。
植物タンニン100%を使用してなめし染料仕上げをしているので、使い込むほどに綺麗なかっこいい経年変化を味わえます。

20・数年の使い込みを意識した正しい長財布の選び方

やはり革の長財布をせっかく買うのならずっと使い続けることのできる財布を選びたいですよね。
しかし長く使える財布を探していても実際にどのような財布が長持ちするのか素人感覚ではイマイチ分からないものです。
ここでは経年変化を楽しみたい、数年使い込むことを意識した人向けの財布の選び方を紹介していきます。

 

 

・経年変化を楽しみたい人向けの財布の選び方

 

長財布を長く使い込みたい人は経年変化を楽しみたいという人がほとんどだと思います。
その場合財布を選ぶのなら耐久性や耐摩擦抵抗に弱いとされるホースレザーは止めておきましょう。
例えば頑丈なブライドルレザーやコードバンの革財布を選ぶと失敗が少ないでしょう。
長く使いたい財布を選ぶ時には頑丈でしっかりと耐久性があり、傷が付きにくく、傷や汚れが付いてもすぐに回復しやすい革がおすすめです。
更に革質や質の高い財布、飽きのこないシンプルなタイプ、リペアをしてくれるお店、耐久性がある財布は絶対条件だと思います。
また質感で選びたい方は高級感と共に革が丈夫なナポレオンカーフなどがおすすめです。

 

 

・ココマイスターが選ばれる理由

 

長く財布を使用していきたい方は、革の中でも最も高級だと言われる強度と耐久性に強いブライドルレザーが良いとされています。
数多くのお財布がある中、ココマイスターの革財布に使用されるブライドルレザーは、特に世界的に評価の高いとされる英国産ブライドルレザーを使っているのでより高級感が増します。
更に革製品を熟知した日本職人のハンドメイドで作られているので、ブライドルレザー財布は壊れることもなく長年愛用していけるのです。

 

 

27・革製の長財布が手に馴染んでくるまでの期間は?

革製品の財布は使っていくほどに質感や色合いが馴染んでくる経年変化が特徴的で使っていて飽きが来ません。
では実際にどれくらいの期間を経て経年変化となるのでしょうか?
ここではそんな革財布が馴染んでくる経過などについて紹介していきます。

 

 

・革財布はなぜ手に馴染む?

 

革財布は長く使っているうちにだんだん柔らかくなって手にフィットしやすくなり、また買った時とは違う色合いに変化してきます。
しかし汚れが付着したり傷が増えたりしているのではなく、革財布の魅力の一つである経年変化なのです。
物というのは使えば使うほど劣化して使えなくなってしまうのですが、革財布の場合は使っていくほど柔らかくなり手に馴染んでくるので時の変化を楽しむことができるのです。

 

 

・革財布が馴染んでくる時期とは

 

では実際にどれくらいの期間で経年変化が訪れるのでしょうか。
それは革財布に使用される革の種類によって異なりますが、だいたい手に馴染んでくる期間はおよそ1ヶ月〜2ヶ月になると言います。
そして1年〜2年ほど経てば革も柔らかくなり自分だけのオリジナルのお財布が出来上がっている頃でしょう。
その中でも特に度愛着が高いと言われるイタリアンオイルレザーは、持てばその質感の良さと高級感に圧倒されると言います。
この素材も長く持ち続けることで艶や味が出てくるので革独特の味わいを実感できるのです。
生きた革の良さを十分に楽しみたいのなら経年変化が割と早いレザーもあるので検討してみてください。

 

37・シワが残り経年変化を楽しめる素材の長財布選びのコツ

お財布は新品に限りますが、あえてビンテージの財布を使って経年変化を楽しんでいる人も多いと言います。
使い古したお財布の味を堪能できますが、シワなども味となるのでしょうか?
天然革独特の経年変化が楽しめる革財布にはどのようなものがあるのか見ていきましょう。

 

 

・経年変化を楽しむならマットーネ?

 

革製品はエイジングを楽しむことができるため多くの革愛好家が楽しんで使っています。
上品なアイテムになるほど高級素材を使用しますが、経年変化により更に深みが増していくため時と共に楽しんでいけるのです。
経年変化は時が経つにつれシワが出てきてビンテージのように奥深さが出るため、革も柔らかくなっていくのです。
使い込むうちに自分だけの長財布に変わっていくので、革の中でもマットーネの長財布がおすすめです。
マットーネの特徴には天然革が本来持つ経年変化やシワをあえてそのまま残しながら作られるので、特別な表面加工をしていません。
そして通常の本革よりも経年変化を楽しむことができるため、世界に同じ財布が存在しない自分だけのお財布になるのです。

 

 

・近年経年変化がある財布が流行している?

 

特に経年変化が目立ちやすい天然革を使用した財布は今男性の間でトレンドとなっており、シンプルなデザインの長財布を求めている人が多いと言います。
新しいものが好きな人間の本能とは違い、古いアイテムが好まれるようになった理由には、時と共に質の良い財布に変化していくことが背景にあるようです。
革製品は本来メンテナンスをする手間がかかりますが、あえて経年変化を楽しみたい方はそのまま放っておく人もいるようです。

トップへ戻る